新築祝いのお返しはいくら?親や親戚の場合は?タブーはある?

お家を購入することは、

人生の中で最も高額な買い物だと言いますよね。

その高額なお買い物をし、
新生活を始められて少し落ち着いてきたのではないでしょうか?

きっと色々な方からお祝いを頂いたと思います。

そろそろお返しを考えている時期ですよね。

新築祝いの内祝いについて
ここで、しっかりと確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

新築祝いのお返しはいくら?

新築祝いのお返しというのは

本来であれば

引っ越して荷物も片付き始めた1~2か月ごろに
ご自宅に、お披露目を兼ねてお招きする。

と言うのが、お祝い返しになります。

お披露目の際は、
お食事を準備し、おもてなしをします。

食事は、出前でお寿司やオードブルなど
お招きする方のことを考えて用意すると良いでしょう。

しかし、遠方に住んでいらしたり、ご高齢で訪問するのが困難な場合は

「内祝い」として、頂いた額の1/3~半返しの品物を送りましょう。

品物は、カタログギフトを送られる方が多いと思います。

ですが、日用品などが充実しているものだと、あまり欲しいものがなく
結局、なんでも良いや。となってしまった経験はありませんか?

ですので、カタログギフトでも食べ物に特化したものを送ると喜ばれると思います。

「産地直送」などは、結構美味しくて好評だったりしますよ。

是非、参考までに。

ちなみに、内祝いを送る際に

お手紙を一筆添えて送ると大変喜ばれますよ。

何事もひと手間が大切ですよね。

新築祝いのお返しは親や親戚の場合は?

新築祝いで親や親戚から、高額なお祝いを頂く場合があると思います。

その際、1/3~半返しと考えていると、

それもかなりの金額になるので、どのような品物を送れば良いのだろうと思う方がいると思います。

しかし、親は特にですが

スポンサーリンク

新築には何かと物入りだろうと思い資金援助の意味を込めて、
高額を包んでくださる場合がほとんどです。

その場合は、有難く受け取り感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

逆に高価な品物をお祝い返しに送ってしまうと

「そんなつもりで渡したんじゃないんだけど・・・」

と、がっかりされてしまうと思います。

ただし、親戚の場合だと今後の付き合いもあるので

ご自宅にお招きし、お披露目を兼ねて一緒にお食事をするのが良いと思います。

帰り際に、粗品のような気を使われない程度の手土産をお渡しするのも
心遣いに大変喜んでもらえますよ。

新築祝いのお返しのタブーは?

最近では縁起を担ぐ風習も少なくなって来ているので、
そこまで気にする必要はないとは思いますが、

やはりご年配の方は、こういった風習を大切にされている方もいらっしゃるので
送る相手には充分気を付けた方が良いと思います。

「火事」を連想させるものはNG

「火事」を連想させるものは、気を付けましょう。

例えば、ライターや灰皿、キャンドル、トースター、ストーブなど。

「赤いもの」も同じく火を連想させるものに該当します。

赤いお花などは、気付かずに贈ってしまうことも多いので注意が必要です。

「火事」以外にも、気を付けるもの

新築祝いに限らずですが、特に「目上の人に贈ってはいけない」とされるものです。

■現金、商品券
「お金に困っている」と思っているという意味になるので、目上の方に贈るのは大変失礼にあたります。
品物を贈るようにしましょう。

しかし、現在では好きなものが買えるので大変喜ばれるケースが多いです。
私も内祝いに商品券を選ぶことが多いですが、
使うかわからないような品物を送るよりも、実用的で喜んでいただけています。

■靴、靴下
「踏みつける」ことを連想するので、履物はタブーだそう。

■時計やカバン
時計は新築祝いの定番で、送る方が多いかもしれません。
ですが、「より勤勉に」という激励の意味があり、目上の人には良くないそうです。

まとめ

いかがでしたか?

上記の例は、あくまで一般的なお話です。

各家庭や地域でさまざまな方針があると思うので、
一度、親御さんなどに相談するなどして、
今後の親戚づきあいにトラブルが起きないように充分配慮しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

検索
オススメ記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

コメント

  1. かめきち より:

    こんにちは。
    ランキングからお邪魔しました。
    プレゼントもお返しも相手によっては
    悩みますね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。