引っ越しの挨拶はどこまで?一戸建ての場合は?いつ?品物の値段は?

新居先が決まり、新生活が始まるワクワクと

引っ越し先の人間関係なんかも気になる所ですよね。

戸建てに越したのなら、

この先長い付き合いになると思います。

新居先で、快適に過ごすためには初めが肝心です。

最初を失敗しないためにも

引っ越し先での挨拶について

今一度確認しましょう。

スポンサーリンク

引っ越しの挨拶はどこまで?一戸建ての場合

一軒家の場合は、両隣は当然ですが、向かい側三軒と裏側にも挨拶をします。

昔は「向こう三軒両隣」と言っていたそうです。

近隣のご挨拶の時に、町内会の会長や地区の班長などがいるのかを確認し
いれば是非そちらへも挨拶へ行くと良いでしょう。

その際にゴミ出しの場所を教えてもらえたり、
地区のお祭りや、子供会など、その地域で行われている
イベントの事などがあれば教えてもらえます。

地域での活動などを聞いておくと
その町内の雰囲気なども掴みやすいのではないでしょうか??

もし、角地だったり変わった区画でどこまで挨拶するの?

と思った場合ですが、

「した方が良いの?」と悩んだ場所はご挨拶に伺いましょう。

初めが肝心です。

「挨拶がない」なんて思われてしまうより良いですよね。

ちなみに私も引っ越しの挨拶へ行きましたが、

まだ小さい子供が居て、騒がしくなるので

「怖い人だったらどうしよう・・・」

と不安もかなりあったのですが、

ご挨拶に行くと

皆さんが優しく迎えてくださって

「引っ越ししてきて良かった」と安心しました。

万が一怖い人だったとしても

対策もできるので、やっぱり挨拶は大切ですね。

引っ越しの挨拶はいつするの?

引っ越しの当日は引っ越しのトラックが来たりするので家の前が
どうしても騒がしくなってしまうと思います。

ですので、当日に隙を見て引っ越しのご挨拶に行くと良いでしょう。

不在だったり、当日行けるタイミングがない場合は

遅くても一週間以内を目安に渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

土日祝日を狙うか、平日だと家に帰っている時間で
あまりご迷惑にならない時間を見計らって行きましょう。

ちなみに、家にいるかを確認するには、夕方や夜に電気がついているか

日中に車がなければ、車があることを確認すると良いでしょう。

それでも一週間経って直接お渡しができない場合、

一言「引っ越ししてきました。」という内容のメモを添えて

玄関のドアノブにかけておくようにします。

家にいる気配があるのに

出てこない場合もあると思いますが、

そういう人は、挨拶が嫌だという人もいます。

ですので、何度も訪問すると嫌がられますので

二、三回インターフォンを鳴らしても出てこない場合は

無理に挨拶せずにメモを添えてドアノブに掛けておくと良いです。

引っ越しの挨拶で品物の値段はいくら?

引っ越しの挨拶に持っていく品物は
500円~1000円程度が相場と言われています。

品物は、お菓子などは好き嫌いがあるので

日用品、消耗品が無難で良いと思います。

タオルが一般的ですが

洗剤や石鹸、ティッシュなども良いと思います。

最近では地域指定のごみ袋なんかも使えるので良いと思いますよ。

注意するのは、商品券です。

これからお隣さんになるとはいえ、昨日までは見ず知らずだった人から
現金に近いものを貰うのは、少し気持ち悪いと思います。

受け取る方も商品券というのは、

いくら実用的だとはいえ受け取りにくいのではないでしょうか?

私は引っ越しの挨拶には

食器洗剤のセットにしました。

百貨店でセットになっている1000円程度のものです。

中身は洗剤2つとスポンジでした。

普段使っているものとは違うかもしれませんが

あれば、使えるし変に残らないので、

貰う側も気にならないのでは。と考えたからです。

挨拶の品は何が良いだろう?と悩んだ場合は

自分が貰っても嫌な気にならないものは何か?を考えて選ぶと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

引っ越しの前後はバタバタとしますが

近隣の方への挨拶や挨拶の品などは

かなり重要なことだと思います。

少し面倒だと感じてしまうかもしれませんが

初めの印象が肝心です。

また、近隣にどんな人が住んでいるか?

引っ越してきた人はどんな人か?

お互いが気になるところだと思いますので

しっかりと挨拶をし、快適な新生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

検索
オススメ記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。