引っ越しの時に心づけは必要?相場は?タイミングはいつ?

引っ越しをすることが決まり、

業者に頼んで、さあもうすぐ引っ越しだぞ!!

と段ボールに荷物を積めることに必死になっているころかもしれないですね。

そんなバタバタな時に

なにやら引っ越し業者に「心づけ」とやらを渡すのかどうなのか??

そんな悩みがふと頭に過ったりしますよね。

そもそも心づけって必要なの?

だとしたらいくら??

そんなことを今一度、この機会に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

引っ越しの時に心づけは必要?

そもそも「心づけ」というのは、
海外で言うチップのようなものです。

必要かどうかというと、必要ありません。

今は大手の引っ越し会社だと、原則受け取ってはならないという規則があるそうです。

ですが、そこはあなたの気持ち次第で用意しても良いと思います。

ちなみに渡すことによって、メリットデメリットがあります。

メリット
・心づけを渡すと本来は別途有料だった粗大ごみを
無料で引き取ってもらった。
・心づけを渡すと、コミュニケーションをとりながら作業してもらえた。

デメリット
・心づけを渡したが、荒い作業をされた。
リーダーに全員分を渡したら他の作業員には渡されなかった。

どちらも必ずあるわけではないですので、
「渡したから何かを期待する」くらいだったら
渡さない方が良いかもしれませんね。

そもそも、チップを渡さなかったら荒い作業をされるなんてことは
本来あってはならないものです。

あまりきにしなくても良いと思います。

引っ越しの時の心づけの相場は?

心づけの相場は千円~二千円程度で充分かと思います。

そもそも、心づけというのは
新居に引っ越すお祝いの、お裾分けと言われています。
決して、謝礼というわけではないんですよね。

では、なぜ相場が千~二千円なのかというと

スポンサーリンク

基本一人当たりの心づけが千円とされていて、
内訳としては、食事大検飲み物代として考えられているからです。

作業員が4人だった場合は、1000円×4人=4千円ですし、

もし、作業員が2人で朝から夕方までの作業だと
1000円×2人×2食=4千円

となるわけです。

何度も言いますが、

必ず渡さなくてはいけない。ではないので、
渡さなくても良いですし、
引っ越しには何かと出費がつきものですので、
いくらも渡すのは無理だけど・・・
なんて場合は、飲み物を渡すだけでも良いと思います。

渡すか渡さないかは、あなたの気持ち次第なので
あまり考えすぎないようにしてくださいね。

ちなみに、渡す際はポチ袋などに入れてお渡しすると良いですよ。

引っ越しの時に心づけを渡すタイミングは?

心づけを渡したいけど、渡すタイミングっていつなんだろう?

と思う方もいると思います。

これが結構重要で、渡すタイミングによっては
こちらも気持ちよく引っ越しができるかもしれないので、
渡すタイミングについては要注意です。

渡すタイミングでベストなのが、

作業にかかる前、作業員全員がいる前で、
リーダーに「心づけです。これで皆さんのお食事代にでにしてください」
と渡しましょう。

これには2つのポイントがあります。

まず、作業員全員がいる前で。というところ。

作業員が揃っていなくて、リーダーだけに渡してしまうと
全額こっそりリーダーが持って行ってしまうということもあるからです。

次に、作業終了後に渡しても意味がないからです。
そもそも、「差s業を滞りなくお願いします」といった意味でお渡しするので、
作業が終わってしまえば、意味がないからです。

本来は、心づけを貰っても、貰わなくても
お給料を頂いての作業なので、滞りなどあってはいけませんが、

作業員も人間ですので、
お小遣いをもらえれば、やる気になるでしょうし
気分も上がって、気持ちよく作業してもらえると思います。

どうせ同じ引っ越しをするなら、
あなたも作業員もハッピーな気持ちで終わりたいですもんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちなみに私は、心づけは渡していません。

初めから向こう側に手違いがあって、
素直にありがとうと思えなかったというのもありますが(笑)

ですが、作業員自体は頑張って汗水流して働いてくれたと思います。

結論としましては、

「渡すのか渡さないのかは、あなた次第です。」

あなたの引っ越しが無事、滞りなく行われますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

検索
オススメ記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。