父の日に贈る花の種類って?オススメやプレゼントで定番なものは?

父の日が近づいてきましたね。

母の日に贈る花と言えば・・・??

「カーネーション」ですよね。

では、父の日に送る花は・・・?

そんなのあるの??
と思われた方もいるのではないでしょうか?

実は、ちゃんと存在するんです。

今年は父の日にお花を送るのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

父の日に贈る花の種類は何?

冒頭でも言いましたが、
母の日に贈る花と言えば
「カーネーション」ですよね。

一方、父の日に贈る花は「バラの花」なんです。

なぜ、バラの花なのかと言いますと
父の日の提唱者ドット夫人が、「父の墓前に白いバラを供えた」のが由来だそうです。

このドット夫人のエピソードから、
存命中の父には「赤いバラ」、亡くなった父には「白いバラ」を贈るようになったそうです。

その風習が日本に伝わり、

現在の日本では父の日に「黄色いバラ」を贈るようになったんです。

でも、待って!
なぜ赤いバラではなく黄色いバラなの!?!?

それは赤から黄色に変化した理由とは、

1981年年に設立された「日本ファーザーズデイ委員会」が開催している
「父の日黄色いリボンキャンペーン」が関わっているのです。
黄色いリボンキャンペーンは、家族の愛情や尊敬を表す黄色を
父の日のイメージカラーとしたそうで
父の日にバラを贈る風習に合わせて、
黄色いバラを贈るというのが今の風習になったそうですよ。

父の日に贈る花でオススメは?

黄色いバラが父の日に贈る花の代表ですが、その他にも贈る花があります。
それをいくつか紹介していきますね。

黄色い花の代表言えば・・・ヒマワリですよね。
こちらも父の日に人気の花です。
ヒマワリの花言葉は「憧れ」「敬慕」なので、父の日には好ましい花ですよね。

また、ヒマワリというのはなじみやすく親しみやすいことから、
気軽に贈れる花として人気だそう。

スポンサーリンク

次に「ガーベラ」も元気なイメージがあり、父の日に贈る花としては人気です。
黄色のガーベラの花言葉は「親しみやすさ」です。

ガーベラはカラーバリエーションが豊富で、安価な花なので、
色んな色を混ぜて華やかにもしやすいですよね。

「ユリ」も高級感があり父の日に贈る花として人気です。
ユリの品種で有名なのが「カサブランカ」ですが、
父の日のプレゼントには「スカシユリ」がおススメです。

スカシユリの花言葉は「親想い」「子としての愛」のため、
父の日に贈る花にぴったりですよね。

他にも、花はたくさん種類がありますよね。
花によって花言葉もありますし、色でも花言葉が変わってきます。

気になる花があれば、花言葉を調べて父の日に贈るのも素敵だと思います。

父の日のプレゼントで定番なもの

父の日に、お花と一緒になにかプレゼントを渡したい。
と思われている方もいると思います。

やはり男性に花だけっていうのも
喜ばれるのか?という不安もありますしね。

父の日定番のプレゼントといえば

ハンカチ、靴下、ネクタイ辺りでしょうか?

ハンカチや靴下って、
意外と消耗品だったりしますし、
靴下なんかも、ブランドの少し高価なものだと
2千円~5千円くらいで売られているものもあるので、
お花と一緒に添えるならちょうどいい値段だと思います。

他にも、
・甚平やパジャマ
・Tシャツ
・ポロシャツ
・インナー
・パンツ
・ひんやりグッツ

なども、同じくらいの値段で購入できるので
お花とちょっとしたプレゼントには最適ですよ。

まとめ

父の日に贈る花と、オススメのお花を紹介しました。
まだまだ、父の日のお花は定着していないので
プレゼントにはものを贈る方が圧倒的に多いと思います。

お父様ご本人も知らないかもしれないですね。
ですので、由来などお話してお渡しすると
話のネタも広がって面白いかもしれません。

父の日どうしよう。
と悩んでいる方には、とってもオススメできるプレゼントだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

検索
オススメ記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。