紫外線アレルギーの子供の原因とは?対策の食べ物や室内でできること

少し前までは、まだまだアウターが必要な時期でしたが、
どんどんと暖かくなってきましたね。

お子さんも外で活発に遊べる季節です。
ですが、油断してはいけないのが
紫外線アレルギーです。
日光アレルギーとも言いますよね。

子供に日焼け対策といっても中々難しいものもあります。
すでに日焼け止めや帽子を被せるなどの対策はしてあるのだと思います。
でも、それ以外にも対策できることがあればしてあげたいですよね。

ですので、ここでは食べ物や室内でも
なるべく対策できるものを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーの子供の原因とは?

大人が紫外線アレルギーになる原因としては
ストレスだったり、生活習慣だったりと原因は様々ですが
お子様に多いのは、遺伝的なものが多いそうです。

具体的には、色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)やポルフィリン症などがあります。

紫外線アレルギーとは、正式には「日光過敏症」といい、
日光に含まれる紫外線に対して、肌がアレルギー反応を示してしまうのです。

また、日光過敏症とまではいかなくても、
紫外線に弱い肌の子供もいるようです。

夏に海やプールで長時間肌を露出していると
誰だって、日焼けをして真っ赤っかになり
肌の炎症を起こすと思います。

紫外線アレルギーを持っていると、
それが長時間でなくても日光を浴びることにより
肌に炎症が起きてしまいます。

まず初めに赤みが強くなり、痒みや痛みを感じたり、湿疹ができたり
ミミズ腫れや水疱ができたりします。

重症な人は、室内でも日が当たれば同じような症状になります。

紫外線アレルギー対策の食べ物は?

食べ物で注意が必要な食べ物があります。
それは、紫外線を吸収しやすい「光毒性」を持っているものがあるからです。

毒という言葉だけを見るととっても恐ろしいですよね。
でも、ふつうは全く怖くない、一般的な食べ物です。

それは
・レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系
・パセリ、大葉、セロリなどの香草系
・きゅうり

などの身近なものなのです。

スポンサーリンク

これらは、紫外線アレルギーの抗原の基になる物質、ソラレンが含まれています。
ソラレンは紫外線を吸収する性質があるため、紫外線に対するアレルギー反応を引き起こしてしまいます。

しかし、これらの食べ物は美肌には必要不可欠の食べ物ですよね。
全く摂取しないという訳にもいかないです。
ですので、摂取する時間を変えることが重要になってきます。

まず、一番良いのは夜に食べることです。
夜は日にも当たらないし、寝ている間に細胞が再生するので、美肌効果にも適していると思います。

あとは、食べた後2時間は外出しないで起きましょう。
食べた後の2時間は紫外線をより吸収してしまい、
アレルギー反応を過敏に起こしてしまいます。

これらのことに気を付けてあげることで
ぐんと変わると思いますよ。

紫外線アレルギー対策で室内でできることは?

室内にいても、日当たりが良い場所にいると日光アレルギーの人は反応してしまいます。

家の中だけでなく、車に乗っていてもアレルギーの人でなくても
日焼けなどの経験はあるのではないでしょうか?
アレルギーの人は窓際も要注意の場所になりますよね。

ですので対策としては、UVカット機能のついた窓ガラスが良いと思います。
しかし、今から新築のお家を建てられる方でしたら対策になりますが
今から窓ガラスを変えるとなると
コストも時間もかなりかかり現実的ではないですよね。

ですので、もう一つの対策として、
UV加工された貼るだけのフィルムやUVカーテンなどがあります。
こちらで充分対策になります。

貼るだけのフィルムのほとんどが90%以上の紫外線をカットしてくれるものが
多くなってきています。
さらに、プロにお願いすれば10年は持つと言われているので
工務店などにお願いして貼ってもらうのも良いと思います。

あとは保湿がかなり重要キーワードになると思います。
紫外線が強く感じてくる前の冬場からきちんと保湿をして
感想対策を心掛けると、症状が軽くなったというケースもあるそうです。
保湿性の高い入浴剤を使用したり、保湿力が高いボディソープ・ボディクリームを使用しましょう。

どうしても、保湿をしっかりと行っていても、
紫外線が強くなると発疹などは出てしまうようですが
悪化せずに1か月程度で良くなるようなので、
入浴後のケアも検討してみるのも良いのではないでしょうか??

まとめ

紫外線から100%守ることは、難しいことですよね。
特にお子様が小さいと、帽子を嫌がったり、日焼け止めも嫌がったり・・・
ですが、少しでも紫外線から守って
今からの季節を楽しく過ごしたいですよね。
大切なお子様を日光から少しでも守ってあげてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

検索
オススメ記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。