うなぎの土用の丑の日は2018年は?なぜウナギなの?うなぎ以外は?

夏もそろそろ本番を迎え始めたところではないでしょうか?
そんな時期が来れば、思い出すのが毎年やってくる
土用の丑の日

今年の土用の丑の日っていつだか知っていますか?
そもそもなぜウナギを食べるのでしょうか?
由来なんかも気になるところですよね。

ちなみに、うなぎ以外にも土用の丑の日に食べる食べ物があるって
ご存知でしょうか??

せっかくなので、そんな豆知識を知ったうえで
今年の土用の丑の日の話の小ネタにしてみてはいかかでしょうか??

スポンサーリンク

うなぎの土用の丑の日は2018年は?

2018年の今年の土用の丑の日は
7月20日(金)8月1日(水)です。

今年の土用の丑の日は2回あるみたいですね。
二回目の土用の丑の日は「二の丑」というそうです。

ちなみに2回あるときは、1回目にみんな食べるので
2回目はあまり盛り上がらないそうです。

なので、7月20日くらいは食べておきたいですね。

土用の丑の日と聞くと、夏のイメージですが、
実は夏だけではないのってご存知でしょうか??

春夏秋冬それぞれに存在するんです!

ちなみに、2018年の今年は

冬・1月21日、2月2日
春・4月27日
夏・7月20日、8月1日
秋・10月24日、11月5日

だそうです。

ちなみにですが、
鰻の旬は冬なので夏に食べるよりも
脂が乗っていて美味しいみたいですよ。

全部の土用の丑の日にウナギを食べるのは難しいかもしれないので
夏と、旬の時期の冬に食べるのも良いかもしれないですよね。

土用の丑の日にウナギを食べるのはなぜ?

そもそも、土用の丑の日になんでウナギなのだろう?
と一度は疑問に思った人が多数だと思います。

私は、小さい頃「土用」の漢字を「土曜」だと思っていて
「今日土曜じゃないんだけどなー」なんて思っていた一人です(笑)
と、そんなおバカちゃんだったころの話は置いといて・・・

スポンサーリンク

土用の丑の日に良く言われているのが、
「夏バテ防止に精の付く食べ物を食べよう!」
と言うことで、みなさん願掛けのようにして食べられていますよね。

これは、江戸時代に平賀源内という発明家が言ったのが始まりだそうです。

その平賀源内さんが
近所の鰻屋に「夏場にウナギが売れないので何とかしたい」と相談され
「本日、土用の丑の日」
と書いた張り紙を貼ったところ、大盛況したのがきっかけだと言われています。

でもなぜ土用の丑の日とうなぎが結びついたのか??
それは土用の丑の日に「う」の付く食べ物を食べると病気にならない
という迷信もあり、うなぎの「う」にかけたのだと言います。

土用の丑の日はうなぎ以外でもOK?

先ほども言いましたが、
土用の丑の日に「う」の付く食べ物を食べると良い。
という迷信から、ウナギだけでなく他の食べ物も良いとされています。

鰻以外の食べ物はこちらです。

・うどん

夏の暑い日でも、冷やしうどんなどにすると食べやすいですよね。

・梅干し

酸味が唾液分泌を促し、食欲増進。
疲れをとる効果もあるクエン酸も含まれています。

・瓜

きゅうり・かぼちゃ・すいか・冬瓜・ゴーヤ(苦瓜)など
どれも夏の旬な食べ物で、手に入りやすく体を冷やしてくれるので
夏バテの時には持ってこいのものですよね。

・牛肉、馬肉

タンパク質が豊富な食材です。
スタミナをつけるために、夏は焼き肉だ!なんて言いますよね。
ちなみにビタミンBは美容に良いとされている食材で、
牛肉は女性にも嬉しい食べものなんですよ。

・うるめいわし

カルシウムが豊富なので、お年寄りや育ち盛りの子供さんには
是非食べてほしい食材ですよね。

・うに

うにも牛肉と同じく貧血予防になります。
そして亜鉛も含まれているので、人間の味覚を作り出してくれるのだそうですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか??
毎年なんとなく食べてしまっていた、
もしくは食べずに過ごしていた方も
由来や他の食べ物があることを知ると
思わず人に話したくなるし
楽しく食べられそうな気がしませんか??

今年の土用の丑の日には
是非、これらを食べて夏バテ知らずの体づくりを
してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

検索
オススメ記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索
オススメ記事

まだデータがありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。